ベッドとマットレスの選び方

ベッドの寝心地はマットレスがフィットするかしないかで決まります。
一般的に仰向けになって横になり、腰に隙間ができるようなマットレスはスプリングが強すぎるため身体に負担が掛かります。
この隙間が無い体の形にフィットするマットレスが寝心地が良いでしょう。
耐圧分散型のマットレスなどはこれに該当しやすいですが、やはり実際に寝転がってみるのが一番の確認方法です。

ボンネルコイルマットレス … らせん状のスプリングで身体を支える。耐久性が高い。
ポケットコイルマットレス … ジグザグ上のスプリングで身体を支える。振動が上記より伝わりにくい。
低反発ウレタンフォーム … 身体の形に合わせて形状を変える。通気性がスプリングより悪い。
高反発ウレタンフォーム … 体重を均等に分散させる。通気性も高く良品。
複合型 … 二つのスプリングをあわせたり、身体の部位に合わせてマットレスの位置ごとに素材を変えたもの。高機能。

 

夫婦で使用するベッドの選び方

夫婦で使用するベッドを選ぶ場合はダブルベッド一つか、シングルベッド2つといった選択枝になるでしょう。
ダブルベッドの場合ですと相手の動きがベッドや布団を通して伝わりますので相手の睡眠を妨害する恐れもあります。
シングルベッドを二つでしたらそういった恐れはありませんが、ある調査によるとダブルベッドで寝ている夫より、シングルベッドで寝る夫の方が病気などの健康障害を起こしやすいそうです。
ベッドを一つにした方が相手の体調の変化などに気付きやすいということなのでしょうね。
とりあえずシングルのベッドフレームを2つ用意しておいて、ダブル以上のサイズのマットレスを敷いておけば後々ベッドを分けたい場合でも、新しくマットレスを購入するだけで

狭い寝室の場合は宮付きのものを

寝室が狭く、ベッドサイドにナイトテーブルをレイアウトできない場合はベッドヘッドのに収納スペースの着いた宮付きのものを選ぶといいでしょう。
照明付きの物もありますが、これについてはお好みで良いのではないかと思います。

ベッドの長さを考えた選び方

背の高い男性の場合、横幅はともかくとして、縦の長さが短くなる場合があります。
冬場など足が冷えて睡眠障害を起こしてしまう可能性があるのでそういった長さをきちんと把握して選ぶのも良いでしょう。
布団をかぶって足元が冷えなければOKかと思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

  • 名古屋シモンズギャラリー眠りのコンシェルジュ シモンズベッドギャラリー マットレスを世に送り出したアメリカのベッドメ...
  • 岡山シモンズショールーム眠りのコンシェルジュ シモンズベッドギャラリー マットレスを世に送り出したアメリカのベッドメ...
  • 長野シモンズショールーム眠りのコンシェルジュ シモンズベッドギャラリー マットレスを世に送り出したアメリカのベッドメ...
  • 福岡シモンズギャラリー眠りのコンシェルジュ シモンズベッドギャラリー マットレスを世に送り出したアメリカのベッドメ...
  • ローテーブルの選び方 普通家具を選ぶ場合、まずデザインなどの見た目の印象で目星をつけると思いますが意外とサイズで絞...
  • 大阪シモンズギャラリー眠りのコンシェルジュ シモンズベッドギャラリー マットレスを世に送り出したアメリカのベッドメ...

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧