チェストの選び方

チェストは収納棚、タンスという位置づけにある家具ですのでここに何を収納するのかで選ぶものも変わってきます。
大抵は衣類を収納すると思いますが、衣類でもアウターやインナーと分かれます。
下着やTシャツなど頻繁に出し入れするものを収納したいなら、引き出しの底が浅いチェストがいいでしょう。
逆にセーターなどのアウターを収納しておく場合は、底が深く容量のたっぷりとしたチェストがいいと思います。

 

チェストの脚を考えてみる

次は見た目の印象に大きな影響を与える「脚」について考えて見たいと思います。
チェストはどっしりとした家具なので部屋に与える影響も重いイメージが強くなります。
そして脚があるタイプのチェストは床の隙間ができるのである程度軽やかなイメージが付いてきます。
重たいイメージを避けたい場合は脚の付いたものを選ぶと良いと思います。

ワイドタイプとトールタイプのチェスト

チェストはその形から「ワイドタイプ」と「トールタイプ」に分けられます。
ワイドタイプはその名の通り横幅が広く背の低いもの、トールタイプは横幅が狭く背の高いチェストです。
ワイドタイプのチェストの利点は、チェストの上にスペースを作ることができるので家電や雑貨などをレイアウトしやすく、背も低いので圧迫感も少ないことです。
逆にトールタイプは背が高いので上に空間を取りづらいですが、横幅が狭いので隙間などの空いているスペースにレイアウトしやすいという利点があります。

チェストの色を考えた選び方

チェストは必ず壁際につけて使用する家具です。
となると必然的に壁の色と比べられることになります。
壁紙の色は大抵ホワイト系の色が多いと思いますが、もしチェストの色がダークすぎると壁とのコントラストが強くなり、メリハリの付きすぎたイメージになるかもしれません。
ですので部屋を広く、圧迫感を少なく押さえたいなら、ナチュラル色やホワイトといった色の印象が薄いものがオススメです。

 

あわせて読みたい関連ページ

  • 食器棚・キッチンボードの選び方 食器棚をコーティネートする際は何に合わせるかを考えるといいでしょう。 例えばシステムキッチ...
  • ダイニングチェアの選び方 ダイニングチェアを選ぶときはまずは見た目の印象で判断すると分かりやすいでしょう。 大きな印...
  • キッチンマットの選び方 火のそばで使うファブリックですから、防炎加工があれば一番安心です。 ですが防炎加工がされて...
  • ラグの選び方 ラグを選ぶときは「滑り止め」が付いているかを確認すると良いと思います。 滑り止めが付いてい...
  • AV・テレビボードの選び方 AV・テレビボードの見た目は脚があるかないかで大分変わってきます。 脚があると床との間に隙...
  • ローテーブルの選び方 普通家具を選ぶ場合、まずデザインなどの見た目の印象で目星をつけると思いますが意外とサイズで絞...

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧