色の3属性 色相、明度、彩度


色を客観的に捕らえる為に次は3つの視点を手に入れましょう。

無彩色は黒~白有彩色はそれ以外の色、ということは、お分かり頂けたかと思いますがそれでは、黒とか白、それ以外の色、というものは、なぜその色になっているのでしょうか?

答えは色を左右する3つの属性、色相、明度、彩度によってその調子を変えているからです。

インテリアの色に限らず、部屋の色、照明の色など、色全てに共通することなので、とても大切な要素です。

 

■「色相」とは色の方向を表す属性


色相とは、色の種類、方向を表す属性です。
赤とか青とか見ると、「」、「」って感じますよね、それが色相です。

色相は、人が抱く、色の感情を左右する属性でもあります。
例えば、赤だと暖かい、青だと冷たい、など人が感じる熱から、楽しい、悲しい、など様々です。
下の画像を見てください。
左の3つのソファは、同じ緑の色相に属する色で、右のソファは赤紫の色相を持つ別の色相の色です。

■「明度」とは色の明るさを表す属性

明度とは、色の明るさのことを表す属性です。
上の画像の一つずつの四角形は同じ赤の色相ですが、一番左が最も明度が高く、右端は最も明度が低いものになっています。
比べると、少し違う色に感じるかもしれませんが、明度のみを変化させているので、同じ赤の色相に属しています。
色は明度が高くなるごとに、に近づき、低くなると、に近づきます。
明るい部屋では全ての色が明るく感じられて、真っ暗な部屋では全ての色が黒っぽくなる、といった感じですね。。

また明度は、対象の軽さを左右する属性でもあります。
リラックスするお部屋でも紹介しているように、黒い(暗い)モノより、白い(明るい)ものの方が軽く見えるといった具合に。

■「彩度」とは色の鮮やかさを表す属性

彩度とは、色の鮮やかさ、強さのを表す属性です。
彩度が高くなると、純色にちかづき、低くなると、無彩色に近づきます。
有彩色と無彩色の違いは、この彩度という属性が0か1以上かで決定されます。

彩度は、生命力を測る属性でもあります。
例えば、咲いたばかりの花の彩度は高く、枯れていく花の彩度は低いものとなっています。

3属性は、色の材料と覚えておきましょう

この、色相・彩度・明度の色の3属性は、有彩色と無彩色を分ける基準となるので、色を考える上で最も基本となるものです。
色の材料という言い方は誤解を招くかも知れませんが、色を選択するとき、色を比べるときこの3属性による3方向の客観的アプローチを持つことで、インテリアのカラーコーディネートの基礎を作ることが出来ます。

店で見たときは、明るいイメージで素敵だと思ったインテリアを、部屋にレイアウトしてみたら、いまいちパッとしない印象になってしまった場合、もしかしたら明度が部屋の照明から影響を受けているかもしれませんね。

また
色相だけを意識できれば、赤いカラーでまとめて暖かい部屋をインテリアコーディネートをする
彩度だけ意識できれば、彩度の高いカラーを用いて元気な部屋をインテリアコーディネートをする
明度だけ意識できれば、明度の高いカラーでまとめて軽やかな部屋をインテリアコーディネートをする

こういったこともできるようになります。
ただ実際のカラーコーディネートでは、これらを意識的に混ぜ合わせてイメージを作っていくのであまり参考にはなりませんね^^;

まあ極端な例ということで。

 

あわせて読みたい関連ページ

  • 色の種類 無彩色と有彩色色というのは、私達にとって、日常的で感覚的なものなので、その線引きが難しいですが色は大きく分けると、...
  • 色の面積効果インテリアは、部屋にレイアウトして楽しむものなので、部屋に配色された色による影響は絶対的なものがあり...
  • 色彩調和する配色パターン色相からトーン、トーンから色相、という2つのアプローチの参考になる配色パターンをご紹介します。 色...
  • 配色方法 色相を選んでトーンで調整まず配色というのは、色の効果を組み合わせること。 そして、それを元に、色彩調和を生み出すことを目的と...
  • インテリアのカラーバランス色相を選んでトーンで調節する方法の逆バージョン。 トーンの持つ「うすい、濃い、くすんだ、軽い」などの...
  • 配色方法 トーンを選んで色相で調整色相を選んでトーンで調節する方法の逆バージョン。 トーンの持つ「うすい、濃い、くすんだ、軽い」などの...

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧