【玄関風水】写真と絵・カレンダーを飾るときに気をつけたいこと

家庭内風水ではもっとも大切な場所である玄関。

家の顔にもなるので、色んなインテリアでデコレーションしたくもなりますが、写真や絵などを飾る場合にちょっと気をつけて欲しいポイントがあります。

下記ページの玄関風水の基本と合わせてチェックしてみてください。

 全てのベースになる玄関風水の基本をチェック!

写真と絵・カレンダーについて

カレンダーはNG


玄関にカレンダーを飾るのはやめておきましょう。見た目にもよくないですし、スケージュールを表す物は、余分に気持ちをせかせかさせてしまいます。

家族写真もNG


リビングなどに飾るのは良いのですが、玄関に家族写真を飾ると家族を追い返してしまう意味を持ってしまうためNGです。こういったNG項目が不安な方は、特にやってはいけない風水をリストアップした下記ページをチェックしてみてください。

 やってはいけないNG風水リスト

絵は大きいほど効果あり


絵のサイズは大きいほど気を刺激する効果があります。具体的にはA4サイズ以上のものを飾ると良いでしょう。それ以下だとパワーは弱めなので4枚以上をS字に飾るといいでしょう。

絵は窓として考える


絵を飾るときは窓を増やすような感覚で飾りましょう。そういう風に考えると良い風景画は良い景色を得たことと同じになるので空間も広がります、飾る高さも窓があると気持ちいい高さと判断することができます。

とりあえず位置を考える上で大切なことは、玄関や窓の正面に置かないということです。

玄関風水 風景画や写真の方角別の選び方

玄関に飾る絵や写真は基本的には「花」をモチーフにしたものがベストです。
花モチーフは生花を飾ることに似ていますので下記ページを参考にして頂き、玄関の方角別に適した花のモチーフを見つけてください。ココでは風景をモチーフにした絵画や写真の相性の良い方角をご紹介したいと思います。

 必見!風水的に花を飾る時に役立つ方角別の分類

冬や湖を感じさせるもの


冬や夜など静かな雰囲気は水の気を象徴するものです。全体的にブルーな雰囲気。北に飾れば水の平穏な雰囲気を維持し、東・南東に飾れば発展運をサポートします。(ただし、北の玄関は寒すぎるとマイナスなので、普段から寒いと感じるなら感覚的に判断してください。)

春や木のモチーフ


春や朝日など若々しいイメージのものは木の気を持ちます。明るいグリーンの雰囲気。東と南東に飾れば良い知らせを、南に飾れば人の魅力をアップします。

夏や暖かさを感じさせる


夏や真昼などエネルギーを感じさせるものは火を持ちます。カラーは強い感じ。南に飾るとよりセンスを刺激します。

昼下がり


秋や午後の昼下がりを感じる風景は土の気を持っています。色は黄色い雰囲気。北東と南西でよい変化と安定を、西と北西で金運を向上させます。

深い秋


秋や夕暮れを感じさせるものは金の気を持ちます。色は白やゴールドなど光を象徴する感じ。西・北西・北に飾れば金運や威厳、ロマンスを刺激します。

まとめ

風景画を飾る行為は、新しい窓を増やす、ということに似ています。実際の風景は選べませんが、絵画なら好みの風景を調節できるので便利ですね。玄関含め、その方角の部屋に飾る、その部屋の中のその方角に飾るといった具合に試してみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧