ダイニングにテレビ台を配置する


今回のサンプルはダイニングキッチンとリビングスペースがきっちり分かれている間取りなのでダイニング部分に小型のテレビを配置できるよう、テレビ台としても活用できるキッチンシェルフをレイアウト。
それでは何点かポイントをご紹介していきたいと思います。

 

賃貸物件情報と間取り図


面積8畳 14㎡程度
住所石川県金沢市三口
建物マンション3LDK
家賃5万円程度

ダイニングテーブルとチェアとラグ


ダイニングテーブルとチェアとラグはダークブラウンでまとめてみました。
ダイニングスペース自体が白い壁、ビニールマットなのでメリハリが付きすぎている気がします。
ダークブラウンよりはブラウンの方がマッチしそうですね。

ドアの隙間にテレビ台とキッチンシェルフをレイアウト


このダイニングは家の中心に位置するので、とにかくドアが多くまとめて収納家具をレイアウトすることが出来ませんでした。
ですので扉と扉の間にそれぞれレイアウトしています。
ダイニングにテレビ台をレイアウトしたい場合は、テレビ台をおくのではなくテレビも置けるシェルフで代用すると良いと思います。

低めのダイニングボード


冷蔵庫の前に背の低いダイニングボードをレイアウトしました。
炊飯器やポットなどよく使いそうなものを置いておくと良いと思います。
食料の保存用としても活躍してくれそうです。

ダイニングからリビングへのイメージ


次はダイニングから見たリビングのイメージをご紹介します。
本当はもっとソファを置くべきなのですが、動線を邪魔しすぎるので一つだけ。
それかこのレイアウトならソファを置かなくても良いかもしれませんね。

リビングのイメージ


最後はリビングのイメージです。
実はこの左側にクローゼット収納があるのでソファをある程度話さなくてはなりません。
テレビとソファの位置を反対にしたほうが、ソファの収まりはよくなりますがテレビ見ながら毎度クローゼットが視界に入ってくるのはストレスにもなると思うのでやめました。

まとめ

今回の参考例はなかなか間取りが難しく、家具のレイアウトも大変です。
やっぱりLDKが一体型の間取りの方がイメージもまとめやすいですし、レイアウトもやりやすいです。
壁やドアが集中している場合は小出しに家具をレイアウトしなくてはならないのでより壁に溶け込むようなカラーのものでまとめると良いと思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧