ソファダイニングの配置やレイアウトパターン

おしゃれで実用的なソファダイニング

まるで自宅にカフェが現われたような、やわらかく楽しそうな雰囲気をくれるソファダイニング。やっぱり椅子よりソファの方がリラックスできますし、この安定感が嬉しくなります。今回はソファダイニングの組合せや配置、レイアウトについて考えてみました。

ソファダイニングの配置1 カウチ+ソファ+1P


一般的なダイニングでソファダイニングをやったとして、最大限の組合せがこの組合せだと思います。
2m四方のスペースが必要になりますが、このしっかりしたイメージが座ったときのリラックス感を感じさせてくれますね。

ソファダイニングの配置2 ソファ2つを対面にレイアウト


アームレスのソファを対面にレイアウトした組合せです。
カウチを使うと壁際に配置した方が良いですが、この組合せだとベンチのような感覚でレイアウトできます。

ソファダイニングの配置3 ソファ+1Pソファ×2


人の動きが少ない方にソファを配置し、キッチンなど動きが多い面に1Pソファを2つ配置したイメージです。
1Pソファを状況によってレイアウト変更できるので、対応力があると思います。

ソファダイニングの配置4 ソファ+ベンチ


ソファと背もたれ無しのベンチを組み合わせました。
左手にキッチンがあるとすると、背もたれの無いベンチは圧迫感が少ないのでいい感じです。

ソファダイニングの配置5 ソファ+チェア2脚


ソファとチェア2脚合わせたイメージで、ソファダイニングの組合せはこの5パターンぐらいかと思います。
全体的にまとまっているLDKなら、椅子をおもしろい物に変えてアクセントにしてもおもしろいです。

ソファダイニングからリビングを見たイメージ


ソファダイニングとリビングソファを置く場合は15畳程度のLDKがあると良いですね。
家族4人ぐらいがいるとしても、ダイニングとリビングで良い距離感だと思います。

リビングからソファダイニングを見たイメージ


カウチを使う場合は壁際にレイアウトした方がすっきりすると思います。
左手がキッチンなので、収納前もスペースが広く取れて動きやすいと思います。

リビングをソファダイニングにしてみる


ちょっと狭いリビングの場合、思い切ってリビングソファを配置せず、ソファダイニングにしてしまう手もありますね。
コンパクトだけど居やすい雰囲気になると思います。
ゴロゴロしたりはできませんけども。

まとめ

ソファダイニングを取り入れるなら、ソファダイニングセットを購入し、スペースを確保するのが一番ですが全部買い換えることはなかなか難しいことが多いと思います。
そんな時はまず1Pソファを買ってみてソファとダイニングの雰囲気を試してみると良いですよ。
思い切って買い換える場合になっても、1Pソファなら他の部屋でも活用しやすいです。
今回はリセノさんで扱われている「PURI」シリーズを参考にさせていただきました。
ダイニングテーブルに棚があるのが便利ですね。

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧