ダイニングに学習椅子&照明をプラスして勉強机として活用

学習の効率を考えると、リビングやダイニングなど人が集まる場所で勉強する方が効率が良いようです。考えてみれば一人で部屋にこもって勉強するより、テストなどの実践に近いですし気分転換もしやすいと思います。

今回はダイニングテーブルを学習机としても使うための工夫もご紹介したいと思います。

ダイニングテーブルに一つだけ学習椅子を置く


やはり勉強をするのですから、学習椅子を用意した方が良いと思います。
ただ他の家具などとのコーディネートを壊さないために、テーブルと同じテイストのものをレイアウトすると違和感が少ないです。

学習用の照明を用意する


続いてはやっぱり照明に気をつけて見ると思います。
手元が暗いとよく見ようとして無駄な労力を使ってしまいますし目の健康にも悪そうです。
今回はキッチンカウンターにアームで調整できるタイプのデスクライトをレイアウトしてみました。
テーブルだけでなくキッチン内も照らせると思うので使い勝手は良いかもしれません。

お勉強グッズをまとめたワゴン・キャビネットを用意する


いくらダイニングで勉強するといっても、自分の部屋からその都度、文房具や参考書を持ってくるのはたぶんめんどくさくなると思います。
ですので、予めダイニングに勉強用のワゴンを用意しておいて、勉強する場所としての使い勝手もよくしましょう。
今回はキッチンカウンターがあったので、その下に、壁の色に合わせたホワイトのキャビネットを配置しています。

ダイニング遠景


リビングソファからダイニングをみたイメージです。
学習椅子もデスクライトもキャビネットワゴンもあまり違和感はないですね。
リビングとも少し離れているので程好く集中できる環境になると思います。
子供ががんばっていると思っているときにきちんと見てあげるのはとても大切なことだと思います。

キッチンからダイニングとリビングを見たイメージ


今回のサンプルは対面式のキッチンでしたので、家事などをしながら子供の勉強を気にかけてあげることができると思います。
大切なのは子供の集中力が切れかけているときに、如何に気分転換をさせるかが重要ですのでそのタイミングも対面式キッチンならわかりやすいですね。
キッチンから果物とかあげれば椅子を離れることも無いと思うので効率が良いと思います。

まとめ

今回はダイニングテーブルの一番奥に学習机をレイアウトしていますがどうせならワゴンがある辺りに変更するほうがいいかもしれません。
ただそうするとそこが子供がいつも座る場所になると思いますので、家族の座り位置も考えなくてはならないかもですね。
リビングソファの横にサイドテーブル的にワゴンを置いても良いのではないかと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧