北欧風ダイニングテーブルとチェアのコーディネート


ほんのりL字のキッチンダイニングに人気の高い北欧テイストのテーブルとチェアをコーディネートしてみました。
それに合わせてリビングも北欧テイストでまとめています。
それではコーディネートのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

賃貸物件情報と間取り図


面積16畳 27㎡程度
住所京都府京都市伏見区
建物マンション3LDK
家賃12万円程度

北欧風ダイニング テーブルとチェア


北欧風のナチュラルでかわいいダイニングテーブルに、これまたかわいいチェアをコーディネート。
ペンダントライトもヤコブセンのものを合わせてみました。
食器棚もナチュラルで明るいタイプのものをコーディネートしています。

北欧風ダイニング ダイニングテーブルからの風景


次はチェアに座ってリビング方向を見た時のイメージです。
ヤコブセンの照明はどこか「湯気」みたいでダイニングのイメージともあうと思います。
実際の目線はもう少し下のイメージですね。

北欧風ダイニング サイドボード


次はダイニングとリビングの間にレイアウトしたサイドボードを見てみましょう。
こういったところにも北欧テイストの照明を配置しておくと雰囲気がよくなると思います。
もちろん収納にもなるので利便性も高まりますね。

北欧風ダイニング 暖色リビング


次はリビングのコーディネートです。
明るい木目をもっと暖かいイメージにするために、オレンジを基本としたカラーカーディネートをしています。
まずオレンジのソファとスツールをレイアウトして、それに合わせて少し薄いオレンジのラグそしてカーテンもボラス社の生地を使ったもので楽しくてかわいい感じをめざしてみました。

北欧風ダイニング 全体のイメージ


最後はちょっと上から眺めたイメージです。
奥の扉は和室へと繋がっているのですが、北欧と和は結構合うので開けっ放しでも良いと思います。
ソファの目の前がテラスとなっているので景色が良いと部屋の雰囲気もさわやかになると思います。
夏はちょっと暑さ対策をしなくてはいけませんね。

まとめ

ちょっと大人っぽいけど基本的にかわいいイメージを得られる北欧インテリアですが機能性にも優れたものが多いので、日本の住宅や生活にもよく合うと思います。
なにより木目のテーブルや家具は年がたっていくに連れて、味も深まっていくので、その変化も魅力的です。
定期的にメンテナンスオイルなどを塗っていくと家具も大切にできるのでエコにもなりますね。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧