1×8で作るマンガ用本棚(小)の作り方


約200冊ぐらいマンガ本を入れられます。

 

1×8材


まずはホームセンターにて1×8材の長さ3F(約910mm)のものを7枚購入。
1×8材はホワイトウッドなどと呼ばれています。

工作室でカット


1×8材はサイズ指定されていますが、実際は一つずつ微妙に長さが違ったりします。
なので、ホームセンターの工作室で長さ900mmに7枚全部切り揃えてください。
1カット50円くらいで1回でやってもらえると思います。
切り口はサンドペーパーでならしてください。

棚の位置を鉛筆で書き込む


次は棚の位置を鉛筆で書き込んでいきます。
なるべくキレイな2枚の1×8材に左の図のように線を引いてください。

本棚の上下を完成


残った1×8材の中から見栄えが悪いものを2つ選び、図のように挟み込むようにビスネジで固定(赤矢印の場所に2本ずつ)し本棚の上下を完成させてください。
この時インパクトドライバーでドリルビットを使いネジ穴空けとくと楽です。
ボンドを軽くちょんとつけて仮止めしとくのも良いですね。

棚板で完成


次は中の棚板を先に引いた線に合わせてビスで固定してください。
ダボ穴空けれる方は、ダボにして可動式にしても良いですね。
棚が出来たら完成です。

作成に必要な材料と材料費

  • ・1×8 3F(3フィート=高さ約910mm) × 7枚
  • ・3~5cmくらいのスリムなビスネジ × 20本
  • サンドペーパー 200番ぐらい 1枚
  • インパクトドライバーがあると便利!
  • 材料費はだいたい3,000円ぐらいです。

このサイズの本棚で普通のコミック本が約200冊ちょっと入ります。
高さもそれほど高くないですし子供部屋なんかに置いてもいいですね。
色を塗るならオイルステイン、裏に3mmベニヤをサイズに合わせてカットしたものを、ボンドや釘で貼り付ければ、より木目も楽しめます。
ホワイトの化粧板なんかでもおもしろそうですね。

 

あわせて読みたい関連ページ

DIYカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧