ホワイトウッドで作る壁に立てかける本棚

ちょっとオシャレな立てかけ本棚です

材料調達

まずはホームセンターにて、ホワイトウッドの1×10材の長さ4F(約1219mm)のものを1枚、2×10材の長さ4F(約1219mm)のものを1枚購入。

材料カット


1×10材は柱に使うのでこのままでOK。
2×10は棚板に使うので、ホームセンターで4等分にカットしてもらってください。
約30cmの板が4枚出来ることになります。(正確な寸法は気にしない)

組み立て1


後は柱の板と合わせて裏からビスネジで固定していきます。
ここで迷うのが棚板の間隔ですが、下記に少しバリエーションを紹介しますので参考にして下さい。

棚板の間隔1


全て等間隔に棚板を設置した例です。

棚板の間隔2


少し下に棚板を寄せて固定した例です。
こっちは多少安定感もあると思います。

作成に必要な材料と材料費

  • ・1×10 4F(4フィート=高さ約1219mm) × 1枚
  • ・2×10 4F(3フィート=高さ約1219mm) × 1枚
  • ・3~5cmくらいのスリムなビスネジ × 12本
  • サンドペーパー 200番ぐらい 1枚
  • インパクトドライバーがあると便利!
  • 材料費はだいたい3,500円ぐらいです。

立てかけるタイプの本棚なのであまり多く収納するのは危険ですが、リビングなどに置いて一時的な本置場として使うのはアリだと思います。
本格的に使う場合は、立てかけるのではなく壁にネジなどで固定するといいですね。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧