アクリル天板ローテーブルの作り方


アクリルを天板に使ったテーブルの作り方をご紹介。

材料イメージ

アクリル板を天板に使ったローテーブルを作ってみましょう。
アクリルは加工が手間なので既製品サイズを使い、木材をそれに合わせて加工していきます。

板をカット


まずはAの板を600mm、170mm×2枚、にカットしてください。
ホームセンターでお願いすると楽です。

ダボ穴を空ける


170mmの板にダボ穴を3つずつ空けます。(深さは10mmぐらい)
直径6mmで外枠がちょうど10mmにくるように、ホームセンターで空けてもらいましょう。

ダボ穴にダボを接着


空けたダボ穴にボンドを注入して、ダボをトンカチで叩いて入れます。
この作業はとても気持ち良いです。
このダボの上にアクリル板を乗せる感じです。

パーツを組み立てる


次は600mmの板を170mmの板で挟むようにボンドで固定します。
出来る人は新しくダボで連結すると強度が増します。(前工程のダボとは別件)

釘で強度アップ


外側から釘を打って強度をアップさせましょう。
前工程でダボ連結した方は必要ありません。

脚を取り付ける


ひっくり返して棚受けを取り付けてください。

アクリル天板を乗せる


最後に上からアクリル板を乗せて完成です。
アクリルとテーブルの接着面を、アロンアルファやボンドで接着してもOKです。

作成に必要な材料と材料費

  • A 集成材 1200mm×450mm (厚さ18mm)1枚
  • B アクリル板 600mm×450mm (厚さ10mm)1枚
  • C 曲げ木の棚受け 200mm×200mm 4本
  • ・ダボ6個(直径6mm、長さ25mm程度)
  • サンドペーパー 、木工用ボンド

持ち運ぶときはテーブルの下を持って運ぶとベストです。
このサイズのテーブルならダボに乗せるだけで十分だと思いますが、横板にアクリル板を乗せるスペースを加工する方法もあります。
サイズの計算とトリマーが使える方はぜひトライしてみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧