簡単な組み立てローテーブルの作り方


組み立て分解できるローテーブルを作ります。

材料イメージ


一枚のシナ合板をカットして組み立て分解可能なローテーブルを作ります。
天板をキレイにすると見栄えも良くなります。

板をカットする


まず初めに天板を作ります。
910mmでカットして正方形を作りますが、真っ二つにしても数ミリずれるだけなので、ホームセンターの方に相談してください。

棚用パーツ作成


次は余った板を真っ二つにして脚を作ります。
大体イメージのサイズになりますが、これもホームセンターの方に均等にカットしてもらってください。

棚作り1


前工程でカットした板2枚の中央に溝を作ります。
溝の横幅は18mmで深さは227mmといった感じです。
中央に来るように加工してもらってください。

棚作り2


溝が出来たらイメージのように溝を合わせて組み合わせます。
最初はきついかも知れませんが、何回か出し入れするとなじむと思います。

棚と天板を接着する


溝を作ったときに2本の棒のような切れ端が出ると思います。
これを使って天板のずれを防ぐ引っ掛けを作ります。
長さは程好く均等に計8個のパーツを作ってください。

使用例


天板の中央に脚を90度に開いて乗せて位置を合わせます。
次に脚を挟むように先ほどの気のパーツをボンドで接着してください。
ボンドは天板の方へ接着します。

作成に必要な材料と材料費

天板のズレ防止のパーツはダボを使うと、ちょっとかっこいいですが、今回はより簡単な方法で作成してみました。
一枚の板を無駄なく使ってテーブルを作る、といった感覚が楽しいと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧