キャスター付ローテーブルの作り方

キャスター付きのローテーブルを作ります。

材料イメージ


箱のような棚を作ってキャスターを付けてローテーブルを作ってみましょう。動かし易いので使い勝手は良いと思います。

板をカットする


最初に箱の横の板を作ります。
Aの板を一枚用意し、400mmずつカットしてください。
400mm×400mmの板が二枚出来上がります。

棚用パーツ作成


出来上がった二枚の板にそれぞれダボ穴を空けます。
だいたい端が190mmぐらいの所に二箇所ずつ空けてください。
空けたらダボを入れておきましょう。

棚作り1


次は中板を作ります。
Aの板を一枚用意し、874mmぐらいでカットしてください。

棚作り2


Aの板2枚と400mm×400mmの板2枚を使って、イメージのように箱を作ります。
この作業は板を床に立てて、ボンドで接着し雑誌などで支えると良いでしょう。

棚と天板を接着する


箱が出来上がったらどちらかの面にキャスターを付けます。
キャスターを付ける前にサンドペーパーで全体をならすと良いですね。

使用例


キャスターを付けたらひっくり返して中板を入れて完成です。

作成に必要な材料と材料費

ローテーブルとして作っていますが、飽きたらテレビボードや低い棚のような使い方もできると思います。
(重いものを乗せる場合は釘やネジなどで補強してください。)
キャスターが付いているので使う用途も多くなるはずです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧