トリマーの使い方

機能はルーターと同じ。ルーターの小型版の電動工具

ルーターは両手であつかう、大型の電動工具ですが、トリマーは片手で扱えて、かなり使い勝手がいいと思います。
機能は、ルーターよりパワーは劣るものの、DIY・日曜大工などでは十分。
ふつうに、「装飾加工」「面取り(フチ取り)加工」「くり抜き加工」などができます。

DIYの本場アメリカでは、一番人気の電動工具です。

用途はルーターと一緒

わたしの場合、ルーターは2、3度ぐらいしか使ったことがなく、主にトリマーを使用して、面取り加工などをやってます。

深さ調節機能」付き

トリマーの付属機能はこれのみ。
シンプルなので扱いやすいです。

使用上の注意点もルーターと一緒

機能は同じなので。

片手で扱うため、ぶれやすい

ルーターと違って、片手で扱う工具なので、ぶれやすいです。

さらに高速回転のパワーによって手が振られる感覚があるので、使用時はしっかり握ってください。

直線の面取り加工には、自作の平行ガイドを使用する

ちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、こうすると、トリマーのぶれを押えられて、キレイな加工ができます。

1.ビットをそろえよう

トリマー自体は、値段が1万円ぐらいなら、どれを買っても間違いはないと思います。
それより、ビットをそろえることにお金を使ったほうが、加工の幅が広がっていくので、色んなビットをそろえましょう。
セットで購入するのがオススメ。

あわせて読みたい関連ページ

  • 電動サンダーの使い方 木材平面の「研磨作業」、切り口のならしに この電動サンダーがあると、作業効率がかなり上がります...
  • 電気カンナの使い方 木材表面を「なめらかに削る」 、、、、ただDIYではあまり必要ないかも もっとも難しい工具の...
  • ルーターの使い方 「装飾加工」・「くり抜き」・「面取り加工」、繊細な加工を担当 木材のフチを丸く加工したり、木材...
  • 卓上スライドソーの使い方 丸ノコより安全、正確に、「木材カット作業」をこなす 基本的な用途は、電動丸ノコと同じですが、こ...
  • ドリルドライバーの使い方 個人的な印象として、初心者のかたがまず最初に購入するであろう、電動工具だと思います。 基本...
  • 電動丸ノコの使い方 DIY・日曜大工の基本、「木材カット作業」をこなす花形電動工具 初心者時代、まず1番最初に憧れ...

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧