6畳寝室にダブルベッドをレイアウト


6畳の寝室にダブルベットをレイアウトしたいと思います。同じ部屋で3パターンのレイアウトを試していますので、どれが使い心地が良さそうかシミュレーションしてみましょう。

まず一つ目は、クローゼットやドアに対して平行にベッドをレイアウトしてみました。6畳という空間の中、程よいスペースができて使いやすいと思います。奥に寝る人も行きやすいと思います。

6畳寝室レイアウト例2 イメージ


次はドアなどに対して正面にベッドをレイアウトしてみました。やはり圧迫感がありますが、ベッドに行くのは先ほどの例より楽だと思います。

クローゼットの前に大きなスペースができるので、物の出し入れはしやすいはずです。

6畳寝室レイアウト例3 イメージ


最後は最初の例を反対にしたレイアウトです。ドアを開いてすぐベッドがある印象になる感じです。

奥に寝る人はぐるっと回わるような動線になりますね。夜中トイレに行く時がめんどくさいかもしれません。

まとめ

6畳でシングルベッド2台配置するのは現実的ではなさそうなのでダブルベッドを配置してみました。オーソドックスで一番使いやすいのは最初の例だと思います。主寝室は2人で使うわけですし、そうなるとやはり動線が重要だと思います。夜中に起きる場合でも、相手にストレスを与えないような工夫が大切です。

最初の例でしたらベッドの対面に壁掛けテレビも配置できますし、クローゼット前にもスペースができます。またレイアウトには関係ないですが、ベッドの下に大きなラグを敷いて、スクエアな空間を作ってあげると見た目がよくなると思います。

以下にその他の間取りのレイアウト例を挙げますので、参考になさってください。

 5畳寝室にダブルベッドをレイアウト
 8畳寝室のレイアウト例

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧