8畳寝室のレイアウト例


夫婦の寝室をイメージして、シングルベッドを2つレイアウトしその間にナイトテーブルとテーブルランプをコーディネートしてみました。

 

8畳寝室レイアウト例 間取り図


こちらは上から眺めた図です。左下にドアがあり、右下にクローゼットがあります。
やはり真ん中にどーんとレイアウトするのがかっこいいですね。

8畳寝室コーディネート例1


ベッドの両脇に観葉植物を置いてみました。
意外と邪魔にならず、程よく景色が良くなるのでいい感じです。

8畳寝室コーディネート例2


今度は奥に、ローボードを置いてその上にテレビをレイアウトしてみました。
ベッドの高さに合わせているので、圧迫感もなく、小物をレイアウトするスペースを作り出すことができます。

8畳寝室コーディネート例3


思い切ってダブルベッドにして、壁側にレイアウトしてみました。
空間が広くなり、寝る前にも色々できそうな気がします。

8畳寝室コーディネート例4


ソファをひとつだけ置いてみました。
一人がベッド、一人がソファに座って、寝る前にコミュニケーションが取りやすいと思います。

まとめ

8畳ぐらいの広さですと、シングルベッドを2台レイアウトしても圧迫感が少なく良好です。
ただ、やはりダブルベッドの方がレイアウトの自由があると思います。
寝室は寝るための部屋ですが、子供がいらっしゃるご家庭ですと夫婦2人きりのコミュニケーションをとるための大切な部屋でもあります。
ベッドだけでなく、ソファを置いて、居座れる場所を増やすと意外とコミュニケーションが高まると思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧