ビビットでフェミニンなピンクの寝室

思いっきりピンクでビビットな強いイメージのフェミニンな寝室です。
壁からファブリックまでほとんどピンクで、家具などにはブラックのものがチョイスされています。
ファブリックのホワイトな感じが多少和らげる働きをしていると思います。

ベッドの両サイド


こちらはベッドの両サイドの写真です。
ピンクのサイドテーブルはこの部屋ならではといった感じですね。
マットもピンクなので壁からの連続性を感じられます。
ブラックのアートもトータルコーディネートのなかに溶け込んでいると思います。

ベッド横の収納スペース


こちらはベッド横の収納スペース。
クローゼットがない部屋ではこのように収納スペースをカーテンで仕切ってしまうのも一つの手ですね。なかなか参考になるテクニックだと思います。

ピンクのモニュメント


ピンクのモニュメントがとても個性的です。
この部屋をよく見ると照明のシェードの形が統一されているのが分かります。
こういったところにも共通性を持たせると、部屋のコーディネート感が高まります。

まとめ

とても個性的な寝室でしたが、夫婦で使用する場合はちょっと相談が必要でしょう。
一人暮らしで試してみたい方は一度くらいはやってみるのも良いかもしれません。
今回はピンクでしたが、これをブラックにすればすごいクールモダンな感じになりますしブルーにすれば男性的なイメージにもなるでしょう。
なかなか部屋全体をテーマカラーで整えた部屋のサンプルは無いのでこういった部屋の写真から、もし違う色だったら?、など想像してイメージを膨らませてみてください。
コーディネートをする際は、色んなバリエーションを知っていることが何より役に立つと思います。
次もあるテーマカラーに沿った柔らかいイメージの寝室をご紹介します。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧