【寝室風水】風景画・人物画・家族写真など絵画を飾る時のポイント

寝室に絵画やアートワークを飾ると、イメージが一変しお洒落な雰囲気になります。インテリアコーディネート的にも使いやすいアイテムなので、積極的に活用していきたいポイントです。

ですが、風水的に捉えるなら最低限、絵画の種類には気をつけると良いですね。最適なものは風景画、逆に控えるべきは人物画です。

寝室には風景画が最適

まず風水において絵画を飾ることは「窓を増やす」という意味が強くなります。通常の窓は外環境に影響されやすく、寝室ではベッドの上にあるのは避けるべき項目ですが、風景画なら景色が固定されているので、方角などを意識すれば運気を整えるのに役立ちます。風景ごとの意味合いは下記ページを参考にしてください。

 写真や絵などを飾るときに気をつけること(玄関編)

動物系の絵画を飾る場合も同様で、五行のどれに属するかを確認して飾ると良いでしょう。

植物・花などの絵画

このモチーフは色々なテイストがあるので、絵画やアートワークも豊富です。飾る場合は、絵という認識ではなく、その植物・花を飾る感覚で調節すると良いでしょう。

人物画はNG

アイドルポスターや人物画など、人を表す絵画系を寝室に飾るのは風水的に良くないとされています。「見られている」という感覚を無意識に感じてしまうので、気が刺激され続けてしまい十分に休めません。ちょっとお洒落なアートワーク、キャラクターものでも人を表すものを飾るのは控えましょう。

家族写真も控える

家族の写真も人物画と同様に考えるべきですが、「家族に見守られている=安心感がある」という理由でしたら少しぐらい構わないと思います。ただし故人の写真は控えるべきだと思われます。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧