基礎となるインテリア家具は自分で作ろう

部屋のスペースを有効活用するには、サイズがジャストフィットするインテリアが必要不可欠ですが、
そういったものはなかなか見つかりにくいです。
そんな時は、縦横自由にサイズを調節できる手作り家具がオススメです。

 

例えばテレビボード

インテリア作り初心者の方は、まずはテレビボードが簡単でピッタリだと思います。
例えば、手ごろな長さの板を3枚と、ガーデニングやエクステリア用のレンガやブロック。
レンガの上に板を引いて、そのまた上にレンガと板を引いて、とやってけば、ちょっと小さめのリビングボードの完成です。
もうちょっと本格的にできる方は、レンガなどの変わりに、2×4材を買ってきて、板をネジ止めすれば、
ナチュラルなテレビボードの完成です。

例えば、コロコロ付きの隙間家具

ベッドと壁の間に微妙に隙間が空いているなら、コロコロ付きの隙間家具を作ってみたらどうでしょうか?
作り方も簡単です。
隙間にあう幅の板を4枚用意して、枠を作ります。
その枠の中に板を取り付けて棚を作ります。
取り出さない(壁際)の方に、薄いベニヤ板をボンドで貼り付けます。
最後に足として、コロコロ金具をつければ完成です。
取っ手を付けたい場合はつけてもよいと思いますが、引き出し金具になると難しいいのであまりオススメできません。
高さはベットの高さに合わせると良いと思うので、そのぐらいなら、手で滑らせて取り出せるでしょう。

例えばテーブル

小さいテーブルもあると思いますが、大抵足が安っぽくって、自分的には好きではありません。
テーブルも板さえあれば簡単にできるので、自分のサイズにあるものを作ってみるのもよいでしょう。

 

あわせて読みたい関連ページ

一人暮らしのワンルームインテリア一覧へ戻る

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧