居座る場所は2箇所あると良い

見る角度が変わればちょっと気分転換になります。

 

少し新鮮な気持ちをキープするために

ワンルームで、一人暮らしをしていると、決まった場所にいつも居座りがちになります。
そうしていると、いつしか自分の部屋に新鮮味を感じなくなり、
「なんでも手元に置いていくとちらかっていく」でお話ししたように、部屋が散らかっていきやすくなると思います。

普段の生活もある訳ですし、そんなに頻繁に模様替えなんて出来ないですよね。

私は部屋の中での生活が充実することが、いろんな活力になったり、小さいけど幸せなことだと考えていまして、
そしてそれはお金をかけなくたって、誰だって味わえる普通のことだと思っています。

模様替えをしたら新鮮な気持ちになるのは誰だって同じですよね。
いつものインテリアや家具やテレビも、見る角度が変われば印象も違うものです。

なのでいつも居座る場所を2カ所ぐらい持つように、模様替えをすると良いと思います。

第一候補はオーソドックスに、ベッドとベッド下テーブル前。
これはクッションや座椅子でも置けば大丈夫ですよね。
もっとも簡単です。

次は、ベッドとローチェアーの組み合わせ。
座る高さが変われば、足の感じも変わって感じるイメージも変わります。
足もストレッチ出来るし、電球変える時とか台替わりにも使えます。
大きすぎないビーズクッションとかもいいですね。

そして、余裕があったらソファー。
シングルソファーでもいいですし、ラブソファーでもいいと思います。

そして最後に、組み合わせではないですが、テレビを中心に考えないのも良いと思います。
テレビをメインに考えてると、やっぱり一番見えやすいところに居座っちゃいますからね。
特にベッドだと、だらっとしがちでもったいないかもしれません。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧