6畳ワンルームで女性的なナチュラルインテリアコーディネート例

けっこう理想的で一般的な6畳洋室ワンルームを、女性的で柔らかいイメージのナチュラルスタイルでまとめてみました。明るく優しい印象の部屋なので、そこに住む人にも訪れる人にも気持ちの良い空間を演出することができます。

女性の部屋ということで化粧台を配置し、スタンドミラーと合わせることで服装などもチェックしやすいようにレイアウトを工夫してます。

賃貸物件情報と間取り図

場所東京都目黒区
立地東急東横線自由が丘駅 徒歩13分
面積20.46m² ワンルーム洋室 6畳(マンション)
家賃6万円程度

明るい木目でナチュラルな雰囲気

ナチュラルなスタイルを演出するために、明るい木目の家具で部屋全体をトータルコーディネートします。もちろん家具の形にも気を配ります。
ナチュラルというとアール・ヌーボー様式のような植物的なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、 今回はスクエアな家具をレイアウトし、すっきりとした自然体なイメージを大切にしています。

合わせ鏡で後姿をチェック

前の画像と合わせて見ていただくと分かりやすいと思いますが、化粧台とスタンドミラーを合わせ鏡になるようにレイアウトしています。そしてクローゼットを洋服収納として活用するので、 洋服を選ぶときはクローゼットの前で前後の姿をチェックしながら効率的に服装を整えることができると思います。
可能ならクローゼットの扉の内側に鏡を貼り付けても良いと思います。

ホワイトのカーテンで光を柔らかく

やわらかいイメージをだすなら家具の素材感も大切ですが、部屋の光の具合も大切なポイントです。
壁や布などの柔らかい素材から反射された光は拡散して柔らかい光になります。

それを利用して、さらにカーテンなどの大きい面積を持つエレメントをホワイトにすることにより、 反射される光のイメージを柔らかく感じるようすることが出来ます。柄物レースカーテンもかわいくていいですよ。

 柄物レースカーテンで窓辺をかわいくアレンジ

白い家具で明るいアクセントを

通常アクセントは逆のイメージのカラーで作ることが多いですが、全体的に明るいイメージの部屋の中で、ストレートに明るい白い家具を置き、全体的なイメージを引き締めながらすっきりとした印象も強めます。

それから籐などの素材で作られたインテリアアクセサリーを置くのも、ナチュラルな素材感を出すのに一役買ってくれるかと思います。

部屋干しは浴室に突っ張り棒で

女性の方の場合、防犯などの不安もあり部屋で洗濯物を干す方も多いかと思います。よくあるのはカーテンレール付近に引掛けたり、部屋のスミに斜めに棒を通して干したりするかと思いますが、それでは室内のイメージも壊れてしまいますし、湿気やニオイも気になる場合もあるでしょう。
ですので洗濯物を部屋星するときは浴室の上のほうに突っ張り棒を通して、そこに干すと良いと思います。換気扇をつけておけば湿気も気になりません。

さらにナチュラルにするなら

今回の部屋では明るい木目の家具を基礎として、ソフトトーンなオレンジをサブカラーとして、全体的にナチュラルかつ少しかわいい、若いようなスタイルも目指しています。更にナチュラルスタイルをコーディネートしていくのなら、 白いファブリックをもっと活用したり、玄関とキッチン周りにも一工夫すると良いでしょう。
調味料をクリアな瓶に詰めなおして統一するのも雰囲気が出て面白いです。

まとめ

今回はナチュラルで女性的な部屋をテーマにコーディネートしてみましたがいかがだったでしょうか?サンプルの部屋は収納がしっかりとしているので、室内に家具をできる限り少なくレイアウトしてみました。

少しリッパな化粧台を選んでしまいましたが、ここをデスクスペースにして、パソコンを置いたり勉強したりと多目的に使用してもいいと思います。ワンルームでは何か一つに限定するのではなく、少し汎用性の高いコーディネートを目指すのもいいと思います。

 ナチュラルテイストの部屋をまとめました

女性の一人暮らしは何かと物騒なので、防犯対策がしっかりしたマンションなど選びたいものですね。防犯はもちろんバス・トイレ別というのが近頃の賃貸のトレンドのようです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧