紫を段階的に取り入れたインテリア

紫ベースでインテリアをまとめている方は少ないと思います。
販売されているアイテムも少ないのもありますが、やっぱり出来上がりのイメージが付きにくいのもあるかと。

そこで、紫のインテリアを段階的に取り入れて、その加減をご紹介していきたいと思いますので、どの程度でどのくらい紫のイメージが強くなるか参考にしてください。

 

ラグに紫を取り入れる

まずはナチュラル家具をベースに、ラグに紫を取り入れてみました。
素朴な風合いにモダンなイメージがプラスされるような感じですね。

カーテンに紫を取り入れる

次はカーテンに薄めの紫を取り入れてみました。
ラグとカーテンでリズム感が出てきます。

クッションに紫を取り入れる

次はクッションに濃い目の紫を取り入れてみました。
色の強いアクセントは小さめのインテリアで取り入れるといいですね。

ベッドカバーに紫を取り入れる

最後にベッドカバーに柄物の紫を取り入れて見ました。
ラグのみのイメージより紫の持つ風合いが格段に強くなっています。
どの段階まで取り入れるかはお好みですね。

紫とダーク系家具で格式高いイメージ

ウォールナットなどダーク系の家具と紫を合わせています。
クラッシックで格調高いイメージが楽しめます。

紫とホワイト系家具で上品なイメージ

ホワイト系の家具と合わせると、エレガントで上品な雰囲気になりますね。

まとめ

紫を上手に取り入れるには、ラグ、カーテンなど面積の広いインテリアでは少し薄めのものをチョイスし、
クッションなど小さめのものは、濃い目の紫でもアクセントになるから使いやすいと思います。
実際に購入してコーディネートする場合も、今回のように段階的に付け足すようなやり方は失敗が少ないと思います。

 

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧