6畳1Kの和室を大胆に北欧インテリアコーディネート


新宿にある6畳和室の1K部屋北欧スタイルをコーディネートしてみました。
少し思い切りの様なものがないと和室のコーディネートは難しいものですが、和室の特徴でもある壁の柱などをデザインとして考えることで、いろんな可能性を見つけることができると思います。
少し男子的なイメージでレイアウトしてみましたが、ファブリックだけ女子的なカラーのものに変更するだけで部屋の雰囲気もガラリと変わります。

賃貸物件情報と間取り図

場所東京都新宿区中井1丁目
立地東京メトロ東西線落合駅 徒歩8分
面積18m² 1K和室 6畳(アパート)
家賃5万円程度

6畳和室 ~ メインの方向はスクリーンですっきりとまとめる


この部屋のメインとなる面はテレビがある方向です。
ちょうどテレビの後ろに窓があるのですが、カーテンはつけずにスクリーンで覆いました。
こうすることで面としてスタイリッシュになり、なおかつ北欧スタイルのマリメッコ社のファブリックを使うことで、ちょっと大きめなファブリックボードのようなイメージも出しています。
そして左右に観葉植物を対照にレイアウトし面を作りだします。
観葉植物を畳に直接置くのは気が引けるので、木製の鼎のような足を用意してみました。

6畳和室 ~ ベッド付近の窓にはカーテンでやわらかい雰囲気をだします


テレビの対面にある窓辺にベッドをレイアウト。
こちらは逆にやわらかい雰囲気を出した方が安心感があると思うのでカーテンをレイアウトします。
カーテンも北欧テイストたっぷりのボロス社のMALAGA
の生地を使うイメージです。
カラーはブルーでテレビの裏のスクリーンと統一感を意識しています。
クッションにはマリメッコ社のPIENI MELOONI
マリメッコ社のウニッコ
のパターンをチョイス。
落ち着いたイメージを保つ為にベッドカバーは無地のものにしておきます。

6畳和室 ~ 入り口の対面にある壁はすっきりとキープする


左右の窓で十分にスタイルを出しているので、その間の壁にはなにもしてません。
ここをゴチャゴチャさせると部屋に入ったとき、すこし窮屈に感じる場合もあるので、シンプルなままキープした方が良いと思います。
全体を通して家具の木目のカラーを同じテイストのものでまとめて統一感をだしてますが、このガラストップのテーブルだけウォールナット色のものをチョイスしました。
こうすることでベッドとローボードのイメージを下手に続けないでスタイリッシュ度をアップしてます。

6畳和室 ~ あとは照明のシェードをいろいろ試せるといいなと思います

サンプルでは柔らかい和紙のようなシェードを使っていますが、左の写真のような木のシェードをもつランプを吊り下げても良いと思います。
商品名はマーキュリー。有名なものだと思うので目にした方も多いかと。

6畳和室 ~ まとめ

最近人気の高い和室タイプの1Kアパートですが、和室に北欧テイストってけっこう似合っていると思います。
手軽に北欧テイストを取り入れたいのなら、やはり北欧生地をカーテン等に取り入れるといいですよ。
照明も大胆なものを試してみてください。
和室については「おしゃれな和室のインテリアコーディネート」、北欧インテリアについては「北欧インテリアコーディネート」でもご紹介してますので、興味がおありの方はご覧頂ければと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧