ベッドを間仕切りで隠してスマートなワンルーム例

ワンルームで8畳というと広い方ですが、空間はひとつなので上手に使わないと部屋を活用することができません。

今回は無印良品のスタッキングシェルフでベッドを間仕切りしつつ、部屋全体をコーディネートしてみました。

レイアウト

場所神奈川県川崎市幸区
面積1Kアパート(洋室 8帖、25.02㎡)
家賃8万1千円

ベッドを入り口から見えないようにする

ワンルームだとどうしてもベッドが目立ってしまい生活感が出てしまいます。
そこでベッド横にシェルフで間仕切りしベッドを隠すことで、生活感を抑え他の家具もレイアウトしやすいようにします。

ソファ裏にもシェルフをレイアウト

ソファ裏にもシェルフを置いて活用できるようにします。こういった所に雑誌などを詰め込んでアレンジするとかっこいいと思います。

テレビボードもシェルフで統一

テレビボードも同じものを使い統一感を出しています。全体的に少しオフィスライクなレイアウト&コーディネートですね。

ベッドへの動線にデスクをレイアウト

シェルフの横からベッドへと進みますが、そこにデスクをレイアウトしてみました。全体的にナチュラルでまとめてあるので、椅子はアクセントになるような物をチョイスしています。

間仕切りされたベッド

こちらはベッドのイメージです。
好みにもよると思いますが、何かに程よく囲まれていると安心感があると思います。

ベッドからのイメージ

最後にベッドからデスク方向を見たイメージです。悪くない。

まとめ

今回は間仕切り家具のみのコーディネートでしたが、これをベースに雑貨などでアレンジするとまとまりやすいです。間仕切りなど機能として連続して使うインテリアは、同じものを使うと無難ですね。

その点無印のスタッキングシェルフは、サイズの調整など柔軟なので使いやすいです。他にもこの家具を使って機能的にコーデした例もあるので、参考になさってください。

 狭い16㎡リノベーションワンルームを無印収納家具で機能的に

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧