広めの1DKをアジアン風にコーディネート

今回は女性ユーザーの方から引越し先のコーディネート依頼を受けまして、1DK部屋を扱っています。

1Kと異なりダイニングがあるだけで部屋はとても広く感じられます。テイストはシンプルなアジアンコーディネートでまとめてみました。

 

間取りレイアウト


場所東京都東村山市
面積1DKアパート(洋室7.8畳、ダイニングキッチン 5.畳)
家賃6.1万円

ダイニングのコーディネート


奥のドアを開けると玄関、トイレ、お風呂などがあり、この部分はダイニングになります。
入り口横に低めのシェルフを置き小物などを整理できるようにして、その横に食器棚をレイアウト。

ダイニングにデスクをレイアウト


ダイニングにある程度の広さがあるので、このスペースは多目的に使えるようにしたい思います。
今回はデスクを置いてますが、ダイニングテーブルやコンソールなどでも応用が効き、学習スペースだったり、ドレッサースペースのように利用できればいいですね。

アジアンなパーティションでムードアップ


リビング部分の壁際へアジアンテイストのパーティションをコーデし、前にビーズクッションを置いています。
パーティションは間仕切りとしてではなく、壁をアレンジするインテリアとしても活用できますね。

アジアンなローテーブルとローボード


ラグは抑え目なカラーで、その上にちゃぶ台っぽいテーブルと、対面にローボード&テレビをレイアウトしました。
クローゼット位置の関係上、このスペースが部屋の中心となると思います。

クローゼット前にアジアンなハンガーシェルフ


容量大なクローゼットは洋服のメイン収納となると思うので、季節ごとに良く使うものは手前のハンガーシェルフに整理し使い勝手を良くしたいと思います。

ダブルベッドもアジアン風なアバカ材ベッド


今回のコーディネートはダブルベッド前提でしたのでレイアウトに悩みましたが、今回のようにクローゼット前にレイアウトするのが最もスペースを効率的に使えるのでは無いかと思います。

ベッドから部屋全体を見たイメージ


最後にベッドから部屋全体を見たイメージをご紹介します。
ダイニング部分にもラグを敷いて、座りながら活用できるスペースを設けても良さそうですね。

まとめ

今回はアジアンテイストなので、基本はダークブラウンで、ファブリックはホワイト系、ベッドカバーだけ柄物ホワイトにしてあります。ダイニング部分のキッチンがイエローなので、ビーズクッションもそれに近い暖色系のものをチョイスしています。
小さめのグリーンや雑貨などを飾っていくと楽しい空間になっていくでしょう。

 

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧