メインテーブルはガラス素材がオススメ

 

ガラスの素材感で面を意識させないようにする

テーブルは生活の中心となるインテリア。
それだけにレイアウトする場所は、部屋の中央付近と限定されています。
しかし、テーブルがあると足の踏み場に少し戸惑うような感覚に見舞われることがあります。
テーブルの面としての印象が強すぎて、意識に引っかかるのが原因ですね。
そこで、ガラス素材やアクリル素材で出来たテーブルを置いて、強い面のイメージを和らげてみましょう。
けっこうすっきりしたイメージに変わると思います。

ガラステーブルはちょっとクールなイメージになりがちですが、脚や天板の枠が木製でナチュラルなものだと印象もやわらかくなります。
インテリア家具検索に様々なタイプのローテーブルを登録していますので、ぜひ一度検索してみてください。

>天板がガラスで脚が木製のローテーブル一覧
>ローテーブル検索ページ

折りたたむタイプも検討してみる

メイン家具となるテーブルですが、使うシチュエーションは限られています。
なので思い切って、折りたたみタイプのテーブルも検討してみると良いと思います。
いつも置いてあるテーブルは、モノが集まりやすいので、散らかる元になる場合もありますので、折りたたみテーブルと、その収納場所を考えてみるのもありでしょう。

サイズは80cm~130cm程度が使いやすい

当たり前の話ですがテーブルのサイズも重要ですね。
より小さければスペース的には邪魔になりませんが、生活という面から使いにくさも出てきます。
ですので、ローテーブルの横幅は80cm~130cm程度の範囲で考えると良いと思います。

>横幅80cm~130cmのローテーブル一覧(200点)

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧