一人暮らしの広い12畳ワンルームをフレンチカントリー風に


今回は30歳以上の一人暮らしの方に人気の広いワンルームタイプの部屋をレイアウトしました。
フレンチカントリー風に仕上げて、女性が活用するようなイメージです。
観葉植物を多く配置してフレンチカントリーの木の質感が合わさって、
ちょっと森ガール的な雰囲気にもなっています。

 

賃貸物件情報と間取り図


場所東京都千代田区内神田
立地JR山手線神田駅 徒歩3分
面積35m²1Kマンション(12畳)
家賃14万円程度

入ってきた時のイメージ


玄関から入ってくると右手にベッド、左手にソファやテレビといったレイアウトになっています。
正面には大きめの観葉植物を置いてみました。

ベッドスペース


こちらはベッドスペースです。
奥にかなり大き目のクローゼットがあるので、衣類の収納などは全部ここにゆだねる感じです。

ドレッサーを組み合わせて作る


ドレッサースペースをコンソールテーブルと細長いチェスト、そして壁掛けの鏡で作ってみました。
ドレッサーを買わなくても他のインテリアを組み合わせることで、ちょっと変わった雰囲気も出せますね。

リビングスペース


こちらはリビングスペースです。
全体的に画像が暗いですが、朝のイメージで作成しているので、ちょっと光は抑え目です。
テレビの上にもモサモサと緑を置いています。

キッチン部分


最後はキッチンスペースです。
ワンルームなのに対面式カウンターキッチンというオシャレな使用になっています。
でも一人暮らしだとカウンターを使うことは少ないと思うので、ディスプレイスペースとして使うと良いかと。
今回は葉っぱの大きい観葉植物を置いてます。

まとめ

フレンチカントリーはアメリカンより少し上品で、木の質感もレトロな雰囲気になっていると思います。
また、少しだけクラシックなイメージを持つ家具を揃えるとそれっぽい雰囲気が出ますね。
森ガール的なイメージにもピッタリかなって思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧